品質管理

品質管理方針

いかに優れたデザインでも、品質に裏打ちされた建物でない限り、優れた建築とは言えません。
国際品質保証規格ISO9001を、平成12年8月に、ISO14001を平成13年12月に九州圏内の設計事務所としてはいち早く取得し、ISO基準に従い品質管理を実施しています。
業務を進める中でP.D.C.Aのサイクルをまわし、日々「改善」の視点でマニュアルの改訂を実施し、日々品質向上に努めています。

コンプライアンスの尊守は企業の社会的責任です。各スタッフの自己管理は当然の事、コンプライアンスチェックを一元化して実施するコンプライアンス推進室を設け、パーフェクトを目指します。

設計品質、管理品質をマネジメントする技術管理室の厳格なチェックのもと、社内業務を進めてまいります。

ISO

ISO9001:本社品質システム

適用規格  :  JIS Q 9001:2000 (ISO 900 1: 2000)
登録番号  :  Q1070

ISO14001:本社環境システム

適用規格  :  JIS Q 14001 : 2004 (ISO 14001 : 2004)
登録番号  :  E057

研修

東条設計の理念は、人間としてどう生きるべきか。
それを分母とし、建築家としての仕事のあり様が分子となります。
人間教育と専門知識のレベルアップを目的とした研修に取り組んでいます。

社内研修スキルアップ研修

毎年、一泊二日の宿泊研修を行い、代表スタッフによるスキルアップレクチャーやパネルディスカッションを行います。
また、ミニバレー大会等を行い、スタッフ間の親睦を深めます。

土曜日研修

毎月第1・第3土曜日は研修日となっており、設計監理や社内システムに関するフィードバックやレクチャー、視察報告会などを行い、会社全体のレベルアップ、改善に取り組んでいます。
また、社外から講師をお招きして、最新の建築・設備等についての講習を行い、専門知識の向上に努めています。

社外研修

建築に関する講演会や視察会、またビジネスにおける基礎力向上のための研修会などに積極的に参加しています。

建築先進地視察

最先端の建築を学ぶべく先進地視察を行っています。
雑誌やインターネットで簡単に世界中の情報が手に入る時代になりましたが、実際に見て、空間を体験することが建築を作る上で重要なことであると考え、全社員を対象として毎年行います。
国内のみならず国外にも積極的に足を運び、設計のレベルアップに努めています。

体験学習施設宿泊体験研修

設計を行う際にお客様からのヒアリングを行う他に、設計を行うスタッフ自らが実際に施設の利用・体験を行います。

動作寸法の把握や利用者の心理状況の理解、現状の問題点などを検証し、設計に反映することで、より良い建物を作ることが可能です。

先進企業見学

より良い企業を目指し、建築に関することのみならず、企業としてのあり方を学ぶための研修を行っています。

トヨタ自動車のカスタマーセンター等、優良企業を見学し、そのノウハウを学ぶことで、自社の向上に努めています。