社会福祉法人 めぐみ会コミュニティワーク「hikari」

  • 社会福祉法人 めぐみ会コミュニティワーク「hikari」
  • 社会福祉法人 めぐみ会コミュニティワーク「hikari」
  • 社会福祉法人 めぐみ会コミュニティワーク「hikari」
  • 社会福祉法人 めぐみ会コミュニティワーク「hikari」
  • 社会福祉法人 めぐみ会コミュニティワーク「hikari」
  • 社会福祉法人 めぐみ会コミュニティワーク「hikari」
  • 社会福祉法人 めぐみ会コミュニティワーク「hikari」
  • 社会福祉法人 めぐみ会コミュニティワーク「hikari」
  • 社会福祉法人 めぐみ会コミュニティワーク「hikari」
  • 社会福祉法人 めぐみ会コミュニティワーク「hikari」
■ 地域に開かれた避難対応施設
■ 居住性の高い住戸

1.寮としての機能
めぐみ会で労働に従事される方々が、楽しく過ごせる居住としての機能を持った住戸計画。

2.地域交流スペース
可動間仕切りを採用し、フレキシブルな空間として計画。内装は温かみのあるフローリング+腰壁パネルを採用。また、変化をつけるため折上天井を計画。
大人数での調理を考慮した機能性の高い造作キッチンを計画。キッチン周りは、モザイクタイルや間接照明を計画し、空間のアクセントにした。

3.外観デザイン
福祉施設とは異なるデザインコードで計画。外装材には縦ハゼ葺き、コンクリート打放し、木調サイディングの3種類を採用。金属葺きのシャープなイメージを与えつつも、地域の人を迎え入れる交流施設の温かみを軒裏や一部の壁を木調にすることで表現。アクセントとしてコンクリート打放しを採用。外観に影響がでないよう内樋を採用。

4.階段室
階段室には、ベンチと植栽を計画し住民のコミュニケーションの誘発の場となるように計画。
階段はスチールと木を採用、外観同様に洗練されたスタイリッシュな印象となるよう計画。

5.住戸インテリア計画
住戸水廻りは使いやすい用にコンパクトにまとめ計画。プライバシー確保の為洗物濯干し用サンルームを採用。
内装はシンプルで飽きのこない空間となるよう、白色でまとめ、対面のコンパクトキッチンとした。

曽於市

2019年

集会場付共同住宅

鉄骨造

680m²

その他の作品

サーパス健軍イーストガーデン

城山ホテル鹿児島 落水WC(改修)

SBS川内ビル

桜島を眺める家